2014-11-1-thumb-180xauto-333.jpg

2015年06月23日

Mesaの日記:コンデンサを考える

10955231_1638881123055786_8316601997903332226_n.jpg

昨日来店された方と、コンデンサなんかのお話をしました。
コンデンサの交換で音が変わるのか?というお話です。
これについては、ネットなどを見ると賛否両論のようですね〜。プラシーボでしょうかねぇ?

電気的には間違いなく変わっているでしょう。
そして、僕的には、聴覚上も変わっていると思います。(変化量の大小は勿論あります。)

では、なぜ変わったと言う人と、変わらないと言う人がいるのか?たまに考える事があります。

自分は、音の聴き方の差が出ているのではないかと思っています。

例えば、ギターで6弦の開放をピックで鳴らした場合、10人いれば10人が違う感覚で、この“E”という一つの音を聴いていると思います。
ある人は、ピックと弦が当たる瞬間のアタック音に集中して聴いていたり、またある人は、音を伸ばした際の倍音の出方、音の減衰の仕方、サスティンの長さ、どこか特定の周波数帯、ピッチ、弦の振幅の増減の仕方などなど、それぞれの人が様々なポイントに無意識のうちに集中して聴いているのだと思います。

コンデンサを交換し、交換前よりローが出るようになった楽器の音を聴いても、アタック音に集中して音を聴いてる方には変化ナシと聴こえていまう場合があるのではないでしょうか?
逆に、サスティンに集中して音を聴いている方に、コンデンサ交換でアタック音が変化したとしても、その変化には気づかないのではないでしょうか?

耳コピを良くやる方ならわかると思いますが、様々なパートが入り組んだ難解な曲も、ギターパートのみ、ベースパートのみに集中し聴いていると、そこが聴こえてくるという経験があると思います。
僕は、集中するポイントの差が、聴こえてくる音の差にかなり大きく関係しているのではと考えています。

耳が良い・悪い、感覚が良い・悪いではなく、広い意識で音を聴くことが、音の変化を楽しむポイントの様な気がします。

コンデンサのみでなく、他のパーツ交換、その他リペア作業後の音の変化にも同じ様な事が言えると思います。

僕自身、多数の楽器・音楽に触れてきたためか、経験的に自然とその集中するポイントの感覚が広くなったんだと思います。
集中して楽器を触れば触るほど、音を聴けば聴くほど、音楽を楽しめば楽しむほど、感覚は広がっていくと信じています。

音楽は、限り無くどんどん楽しくなるモノだと思います:)
タグ:Mesaの日記
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

POTの重さ

11403128_1638914846385747_8299092010696659894_n.jpg

ボリューム操作・バイオリン奏法などの時に気になるPOTの重さ。
分解してグリスを入れ替え、そして組み直し。
ヘソなしPOTもこれで動きが軽くなります。スムース!
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記