2014-11-1-thumb-180xauto-333.jpg

2015年06月24日

アーミングとチューニング


アーミングとチューニング
今回試しに、自分のストラトをわざと破壊的にアームを動かして、動画撮ってみました。。。
使ったギターは、6点支持のヴィンテージタイプのシンクロナイズドトレモロ、牛骨のナットに、フェンダーのFキーペグと至って普通の仕様。
シンクロナイズドトレモロって、いろいろなメーカーからリプレイスメントが出てるけど、実際自分で買って試してみて、個人的にはFender製が一番精度が良いなと思いました。
ただ、今回ちょっとやり過ぎて、アームが曲がっちゃったぁ。。。
でも、チューニングが狂う前にステンレス製のアームが曲がるってことは、通常使用では、まずチューニングは狂わないという事だと思います。
チューナーは、内蔵マイクで音拾っちゃったから、ちと感度が悪いですが、それを抜きにしても問題ナシだと思います。
Fenderは50年代に、この機構を完成させていたというのはホント驚き!
今回のギターは、ナット交換したばっかりなので、馴染んでくればもっと安定度は増すと思います。
何点かのポイントさえ押さえてある楽器でしたら、調整次第で高価なパーツ交換なしに、チューニングの安定度を上げる事は出来ます。
弦の張り方とかにも、ちょっとしたコツがあったりもしますしね。

posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: