2014-11-1-thumb-180xauto-333.jpg

2015年08月09日

ストラップピンを保護したい

IMG_4604.jpg

‪最近も、修理品の中で見たので書いてみます。
それは、ストラップピンのガタつきや、ネジ穴のゆるみなどです。
 
移動時や保管時など楽器を立てる状態にすると、楽器の重量がストラップピンに集中します。
ソフトケースで背負っているときは良いですが、置く際はよっぽど気をつけてそぉっと置かないと楽器の重量以上の負荷がここにかかります。
ただでさえ、小さく細い部分なので、素材によってはいとも簡単に変形しますし、止めているネジまでも曲がってしまいます。
また、ボディ側に食い込んでしまうこともあります。
 
新品の楽器でさえ、この部分のネジ穴のサイズが悪く、ゆるい状態のまま販売されている楽器も多数知っています。
 
変形などによりゆるんだネジは、演奏中に抜け楽器が落下してしまうかもしれません。。。
また、一度ゆるんでしまうと修理になってしまうので、無駄なリペア代をかけることにもなってしまいます。
こういったゆるみは、楽器購入時にも確認したい部分ですね。
 
勿論、この部分を保護するように出来ているケースも多数ありますが、実際には経年変化などにより、底面のそういった部分のクッション性は落ちやすいです。
僕のケースは、厚手のウレタンフォームをマジックテープでケース内に固定し、強制的にストラップピンを浮かせた状態にしています。
ストラップピン下に、厚いウレタンを挟むだけでも違います。
 
これのお陰で、僕は電車移動でケースを床にドンっと置いても安心です。


IMG_4605.jpgIMG_4606.jpg
posted by Mesa at 13:12| Comment(1) | 修理 / Mesaの日記
この記事へのコメント
なるほど!
Posted by 島田 直 at 2015年08月21日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: