2014-11-1-thumb-180xauto-333.jpg

2015年11月25日

楽器の精度・効率

1439640274238.jpg

また音の事を書いてみます。
 
これも最近考える事ですが、ある種の効率を下げるや、精度を下げる行為の必要性を考えたりします。
 
以前書いた、ネックポケットにわざと隙間を作り、あたかも精度が悪いかのような状態を作る行為もその一つだと思います。
また、自作のペダルなどにもわざと余計なスイッチ類や回路を入れあたかも効率が悪い様な状態を作ったりして実験しています。
 
もちろん、コレは先日書いたシールドの劣化を防ぐというような話とは真逆の話です。
 
しかし、効率的な物と非効率的な物の組み合わせのバランスが、自分の音を作り出す一つの要因ではないかと僕は考えました。
キッチリと決めるポイントと、ルーズにするポイントがあるべきなのでは?ということです。
 
最近感じたのは、まさに自作のペダルに余計なスイッチ類を付けた時でした。
スイッチ類無しの方がダイレクト感があり、クリアでピッキングへの反応も良く感じました。
試奏の時点では、スイッチ無しの方が良いと感じました。
 
しかし、いざそれをバンド内へ持ち込み使ってみると、非常に薄っぺらく感じてしまいました。
僕には、何だかその音が音楽的に聴こえませんでした。
単体でただ試奏している時は良い感じなのに、バンド内では使えない。。。
 
実際にこういった事は良く起こる事だと思います。
そしてその経験から、自分にとって非効率的な物の必要性を改めて感じました。
 
効率を求めた物は、反応も良くクリアで、楽器本来のニュアンスが出ているというような感じは確かにあります。
しかし、それがバンドの音や自分の演奏の癖などと合わさった時に、音楽的で無くなってしまう事もあるのだと感じました。
 
ただ、ここで言う効率と非効率の組み合わせは、僕だけに当てはまる事だと思います。
僕の弾き方・癖、僕のギター、ペダル、シールドなどの使用する全ての物の組み合わの上での結果です。
 
逆に、全ての効率を上げるほうが自分には合っているというプレイヤーさんもいるでしょうし、実際には自分に合った組み合わせ・バランスを見つける事が必要なのだと思います。
 
ただ、楽器本体にはじまり、パーツ類・ペダル・アンプなどなど、どうしても高効率・高精度を狙った物ばかりが溢れてしまっているようにも思います。
実際にそれを売り文句としている商品が沢山あります。
僕も以前は、そういった物ばかりに飛びついていました。
しかし実際には、どれだけそれらが自分に合っているかの方が重要なのだと感じるようになりました。
 
確かにそういった物は製品としての質は高いのかもしれませんが、高効率・高精度と音楽はまた別の話な様な気もします。
ある種の不純物が音楽的な要素だったりするかと思います。
ノイズなんかもその一つです。
何もかもがローノイズと謳ってしまう様なのはどうかと思います。
 
もちろん、楽器のセッティングひとつとってもそうだと思います。
ただ、どんな組み合わせの中にも、バッチリと整ったフレット周りの状態が最低限必要であると僕は思っています。
 
つまり、ネック・フレット・ナットなどはキッチリと決めるべきポイントだと思います。
結局、ここのバランスが崩れてはその他の組み合わせを考えることも出来なくなってしまいます。
 
状態や物の組み合わせは、星の数ほどあると思います。
やっぱり自分の音を探すのは大変です。
posted by Mesa at 15:15| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: