2014-11-1-thumb-180xauto-333.jpg

2015年08月09日

すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバルが開催されるようです。

僕は知らなかったんだけど、墨田区では次の土日にジャズフェスティバルがあるそうな。
お店のすぐそばの錦糸公園がメインステージなのかな? どんな感じなんでしょかねぇ。無料ってのが良いですねぇ〜


第6回すみだストリートジャズフェスティバル
posted by Mesa at 18:33| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

ストラップピンを保護したい

IMG_4604.jpg

‪最近も、修理品の中で見たので書いてみます。
それは、ストラップピンのガタつきや、ネジ穴のゆるみなどです。
 
移動時や保管時など楽器を立てる状態にすると、楽器の重量がストラップピンに集中します。
ソフトケースで背負っているときは良いですが、置く際はよっぽど気をつけてそぉっと置かないと楽器の重量以上の負荷がここにかかります。
ただでさえ、小さく細い部分なので、素材によってはいとも簡単に変形しますし、止めているネジまでも曲がってしまいます。
また、ボディ側に食い込んでしまうこともあります。
 
新品の楽器でさえ、この部分のネジ穴のサイズが悪く、ゆるい状態のまま販売されている楽器も多数知っています。
 
変形などによりゆるんだネジは、演奏中に抜け楽器が落下してしまうかもしれません。。。
また、一度ゆるんでしまうと修理になってしまうので、無駄なリペア代をかけることにもなってしまいます。
こういったゆるみは、楽器購入時にも確認したい部分ですね。
 
勿論、この部分を保護するように出来ているケースも多数ありますが、実際には経年変化などにより、底面のそういった部分のクッション性は落ちやすいです。
僕のケースは、厚手のウレタンフォームをマジックテープでケース内に固定し、強制的にストラップピンを浮かせた状態にしています。
ストラップピン下に、厚いウレタンを挟むだけでも違います。
 
これのお陰で、僕は電車移動でケースを床にドンっと置いても安心です。


IMG_4605.jpgIMG_4606.jpg
posted by Mesa at 13:12| Comment(1) | 修理 / Mesaの日記

2015年08月08日

Mesaの日記;僕は、高くて綺麗なギターは使いたくない...

023.jpg

僕は、楽器の見た目の美しさが表現の幅を狭めている様な気がします。
派手な虎目や鮮やかな塗装は、見ているだけである種のモチベーションを上げてくれるでしょう。
そして、そういった物の多くが高価であったりするために、買ったからには上手くならなくてはと思う方も多いようです。

しかし、そういった楽器はいつまでたっても綺麗なままだったりします。
僕も、様々な場面でそういった方々の楽器を見せていただきますが、まぁ綺麗です。
つまり、大事にされているんだと思います。

しかし、その大事にする気持ちが表現の幅を狭めている場合が結構あるのではないかとも思います。

僕は貧乏性ですので、ハイエンドの楽器を使っていた頃は、楽器をかばい過ぎて弾くことに集中出来ない場面が多々ありました。
僕のいつも使っているストラトはキズだらけです。僕が使っているギターはみんなボロボロになります。
しょっちゅうJamに行き、旅行に行く時も一緒に行くのでキズも増えます。

つまり、かばわずに使用していたら、あのハイエンドギターもボロボロになっていたかもしれません。
しかし、精神的にそうなるのは許せませんでした。だって綺麗だったし。。高かったし。。。
そして、以前にも書きましたが、僕なりのハイエンド物への不満もあったので、それ以来その手の楽器を使うことはなくなりました。

楽器への考え方や使い方は人それぞれだと思います。
しかし、楽器をかばっているうちは、楽器が道具になりきれていないのではと感じます。
そして、かばっているうちは自己を表現しきれていないかと思います。
そして、これは良い物とされているブランドやモデルの高価で美しい楽器達に起こりがちな問題ではないでしょうか?

極薄ラッカー塗装は、簡単にキズがつき打痕にもなりやすいです。
ピカピカに磨き上げられたボディー・パーツは小さなキズも目立ちます。
特殊な材・パーツ類を使用していては、壊れたからといって簡単には交換出来ないでしょう。
家から持ち出して、盗難にでもあったら大変です。
気にし始めるとキリがないです。。。

また、道具になりきれない故に、リペア・調整にも出されずフレットやナット周りの不良がそのまま放置され、更には状態の悪化という悪循環も生んでいると思います。
実際、そういった楽器を僕はいっぱい知っています。

必死に貯めたお金で買った最高であるはずの楽器が、自分の表現の幅を狭めている。
そして、結果として楽器として存在している意味を薄めているのではないかと思います。
これは非常に皮肉なことだと思います。

貧乏性とは厄介な性分だと感じます。。。
しかし、同時に楽器に求められるのは機能美なんだと強く感じます。
だから、僕がストラトキャスターを選んだのかもしれません。
僕は、これからも自分のボロボロのストラトを、何度もフレットの擦り合せ・ナット交換・リフレットを繰り返し、ガンガン使い続けたいと思います。
タグ:Mesaの日記
posted by Mesa at 16:48| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

2015年08月04日

低い弦高

10982450_1691065781170653_49307265266183712_n.jpg

本日お預かりしたベースは、フレットの不揃い・減り・クスミがあったので、フレット擦り合わせをしました。
これで、バランスの取れた弦高調整も出来るようになります。
弦高が元々は3mm近くあったベースですが、擦り合わせによって低めの弦高に設定出来るようになりました。
やはり弦高で弾きやすさは大きく変わりますね。

僕的には1,5mm弱〜位がバランス良く感じますねぇ。
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

2015年08月03日

楽器が錆びる

11235043_1690590824551482_7774242085519733127_n.jpg

本日、リペアに持ち込まれたJazz Bass。
ネジというネジがサビています。。。
ネックを外そうとジョイントのネジを回すと、大量の茶色い粉が出る出る、、、そして茶色いネジが出てきました。

数年間ほったらかしにしてあったBassらしいですが、時の流れとは恐ろしいものです。
他の細かいネジ類も回すのが怖いくらいの状態です。
ペグなんかもなかなかの状態ですね。。。

ブリッジ周りは、汗や手垢によってサビが進行しやすく、ブリッジ駒のイモネジが固着してしまっているのをよく見かけます。
一度サビが発生してしまうと非常に厄介です。
最終的にはパーツ交換。。。
更に酷いものは、今回の楽器のようにパーツを交換するのも大変になります。
勿論、そうなってしまうと、ネジを外すだけでもなかなかの費用になってしまいます。

防ぐには、小まめな掃除、定期的なチェック・調整、保管の仕方など、基本的なことだけです。
しかし、基本的なことだから無視されがちです。
フレットが曇る原因も同じです。
ジャックにガリが出るのも同じです。
サビは、ピックアップの断線にもつながります。

ある程度のサビ・クスミ・ホコリなどは、ビンテージやレリックのようにカッコ良かったりしますが、楽器にとってはやはり良くはありません。

汗をかきやすいこの時期だからこそ、余計に気にしたい所です。
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

2015年08月02日

弦のゲージを変える

11825906_1690155924594972_5112804604037737654_n.jpg

弦のゲージを変更(太くする・細くする)したい、というご相談を受ける事があります。

今作業している楽器も、ゲージを変更するという作業なのですが、実際にはどういった内容になるかを書いてみます。

変更するゲージにもよりますが、基本的には、弦の太さが変わるためナットの溝の幅を、新しいゲージに合わせて変更しなければなりません。
ただ、実際にはナット調整せずにご自身で弦ひ張り替えるだけで、ゲージを変更して使っている方はいらっしゃいますが、本来ならキチンと調整するべき箇所です。
溝がキツイとチューニングに悪影響が出ますし、極端にゲージを太くしてしまうと、ナットが欠けてしまう場合もあるかと思います。

逆に、ゲージを細くする場合は、溝に高さがある場合は溝の調整が可能な場合がありますが、高さに余裕がない場合は、ナットを交換するしかないです。
ナット溝が緩くなってしまうと、ナット部分で弦が共振してしまい異音が出てしまう場合があります。
勿論、サスティンなどにも影響してくるでしょう。

ナット以外では、ネックの反りを調整し直す場合があります。
弦のゲージを変えると、ネックにかかるテンションが変わりますので、必要によっては調整します。

ブリッジ周りでは、ゲージ変更によりオクターブチューニングがズレてしまう場合は、それも調整し直しになります。
また、ブリッジがフローティングしているのであれば、その具合も変化してしまいますので、調整し直しが必要になります。
レスポールなどのチューンオー系のブリッジは、ブリッジ駒の溝もナット同様の問題点が出ることがありますので、その場合は調整が必要になります。

弦のゲージを変更するというのは、ただ単に弦を張り替えれば終わりのイメージがあるかと思いますが、実際にはそれなりの調整が必要になってきます。
内容を考えると、頻繁にゲージを変更するのは現実的では無いかも知れないですね。
ネックなとっても、テンションが変わりますので、頻繁なゲージ変更、または極端なゲージの使用は負担になる場合もあるかもしれません。
posted by Mesa at 00:00| Comment(1) | 修理 / Mesaの日記

Mesaの日記:遊びが大事☆

お昼してから、スケボー乗って錦糸町駅周りをグルグルしてきたら汗止まんない。。。

11694832_1690242167919681_7504212452356831166_n.jpg




タグ:Mesaの日記
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

2015年08月01日

先日に続いて、また弦高について書いてみます。

11825587_1689836674626897_4109569875227335274_n.jpg


僕はギター弾きです。
しかし、ニューヨークのベーシストやドラマーにハマっています。
なもんで、最近ベースを弾きたくなります。

でも、基本ギター弾きなんで、ベースは弾きづらかったりします。
ベースを始めたばかりの方なども同じ様に感じている方もいるかと思います。

ギターに比べ長いスケールに太い弦、この条件で弾きやすさを求めるとなると、やはり弦高がポイントになってきます。

僕自身のベースは、現在1弦〜4弦が1.5mm〜2mmに設定していますが、ギターに慣れた自分にはそれでも少し高いと感じてしまいます。
もう少し下げてみようかと思っていますが、下げすぎても右手のタッチの強弱を気にしないと弾けなくなってしまうので、徐々に下げていって良い塩梅の所を探っていこうかと思っています。

しかし、楽器店で売られている楽器で、こういった低い弦高でまともに鳴る楽器は殆ど見ることがありません。
吊るしの楽器の多くが、フレットの不揃い・ネックのハイ起き・ナットの不良など様々な問題を抱えているためです。

では、実際にベースを弾いている方々はどれ位の弦高で弾いているのでしょうか?

当工房に持ち込まれる楽器を見ると、3mm前後の方が結構多かったりしますが、コレは僕が弾きづらいと思う1.5mmの倍の高さだったりします。

勿論、その高い弦高を望んで設定している方もいらっしゃいますが、多くの方がその高い弦高に疑問を持たずに、または逆に不満を感じながらも演奏を続けているようです。

不満に感じた方は、工房へ持ち込んで下さいますが、こんなものだろうと疑問を持たずに弾いていた方は、たまたま状態のチェックをして欲しいと来店され、これ弾き辛くないですか?とこちらから質問し、初めて弦高の高さに違和感を覚えるなど人それぞれですが、やはり3mmなどは弾くにはやや障害があるかと思います。
オクターブチューニングの点から言っても、高すぎは不利かと思います。

ただ、前述の様に多く楽器が何かしらの問題を抱えていたりする為、フレット擦り合わせ・ナットの調整無しに低い弦高に設定するのは難しいかったりします。

以前も、フレット擦り合わせの効果については何度か書きましたが、弦高調整についても擦り合わせが関わってきます。

ベースもギターも理屈は同じですが、弦高は、ナット溝の高さ・ネックの反り・フレット・ブリッジの全てのバランスによって成り立っています。
つまり、全てを調整して初めて正しい弦高調整が出来るということです。
どこか1つでも不具合があれば、適正な状態にすることは出来ません。

ご自身でブリッジの高さ調整はした事がある方も多いかと思いますが、実際にはブリッジだけの調整での弦高の調整は不十分であると言えます。

ただ、弦高が低いからと言って全ての人が弾きやすいと感じるわけではないとも思います。
勿論、弾き心地だけではなく音にも関係してしまいますので、自分に合っているかが大前提です。
しかし、均等に並んだフレットと適正な高さのナット、適正なネックの反り具合が、それ以前に大大大前提です。

ギター・ベース共に、低い弦高・フレット擦り合わせなど、興味のある方はご相談下さい。
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

Mesaの日記:リペアマンて何なの?

11822455_1689906244619940_819436392514693959_n.jpg

そういえば、昨夜ネット見てたら
『リペアマン=職人』という記事がいくつか出ていました。

一般的にそういう意識は強いようですねぇ。
確かに、ある種の特質的な技術を必要とされている為からだと思います。

しかし、僕には凄く引っかかる部分です。
僕の中では『リペアマン=プレイヤー』です。

僕はニューヨークで、リペアマン・ルシアーとして有名なMas Hino氏とよくjamセッションで一緒にプレイしていました。
彼は、リペアマンであると同時にプレイヤーでした。

僕は、毎週のようにどこかのjamセッションへ行ったりしますが、日本のそういった場でプレイしている楽器屋さんの店員の方や、リペアマンを見たことがほぼありません。

コレは奇妙な話です。

1番現場での声が聞けるであろうそういったjamなどの場に、その種の方々がいないのは不思議でなりません。

多くが一般の方を対象とした、プレイのための道具を修理・製作・販売しているであろう方々が、現場ではなく、プレイヤーから離れた工房などにしかいないということに違和感を覚えます。

そういった状況も、リペアマンを職人として音楽から切り離してしまう要因になっているような気もします。
(勿論、これは僕の知る限りでの話なので、例外の方も多数いらっしゃると思いますが)

海外でMas Hino氏が成功している理由の1つは、彼が音楽の1番近くに居るから、世界のミュージシャン達もそんな彼を求めていくのかもしれません。

特質的な技術を必要とする世界には非常に興味がありますが、職人という言葉は音楽からは遠いイメージを僕は持ってしまいます。
僕は職人というものよりも、感覚的には楽器がいじれるプレイヤーでありたいと思っています。
以前も書きましたが、技術だけでは楽器は完成しないと思っているからです。

折角?なので、僕の感じる日本と外国の違いを少し書いてみたいと思います。(ただ、もの凄く個人的な意見です。)

どの分野でも技術者は、技術の追求に集中してしまう傾向があると思います。
特にこれは、手先が器用な日本人らしい性質でもあると思います。

そして、技術者や何らかのプロフェッショナル達は、ある所から他のプロの目を対象にした物作りをしてしまう傾向があります。

結果、技術だけが先行し本質からズレていきます。

楽器・音楽の世界だけでなく、どんな分野でもそういった点は見ることが出来るかと思います。

加えて、目で見える技術の差で物を比べ評価するという、これまた日本人特有の性質がその状況を加速させているかと思います。

技術の向上により不純物は取り除くことは出来るのかもしれませんが、楽器・音楽から大切な何かも削いでいってしまっているようにも思います。
ある種のノイズや雑味、不純物が音楽を形成している1つの要素であることは間違いないかと思います。
そして、多くの方が無意識にでもそう感じているのでしょう。
だから、楽器の世界は未だに真空管を使い、ヴィンテージをありがたがっているのでしょう。

しかし、自分に必要な雑味や不必要なノイズ・不純物を、自分の感覚で判別出来ないのも日本人の特徴かと思います。

そして、技術の先行によりズレた本質に引っ張られていってしまう悪循環が起こっているかと思います。

僕はやはり日本人の『感じる』そして自身で『解釈し表現する』という感覚が、他の国々の方に比べてもの凄い差があり、そこがこの状況を作り出しているのだと思います。

ただ僕は、外国人に比べて日本人が劣っているとは思いません。
しかし、日本人が自分たちが持っている特性について理解しない限り、外国の真似をするか、偏った技術の追求で終わってしまうかと思います。
これは、音楽・楽器に限った話ではないかと思います。

僕も、楽器を弾きに外国へ行って、最初は外国人の真似をしようとしていました。
ダイナミクス溢れるプレイなどはやはり憧れますし、僕も当初そういった部分を得たいと思って外国へ行きました。
しかし、上手くはいきませんでした。
ただ、自分がもの凄い中途半端な存在に感じただけでした。。。

しかし、ある時気づきました。
表現の場で、外国人の真似をすることの無意味さをです。
日本人がどう頑張っても、アメリカ人のような大胆なプレイ、グルーブを手に入れることは出来ないと思います。
そして、いくらそれを真似しようが外国ではウケません。
つまり、外国ではただ真似するやつにはあまり興味を持ってくれません。
代わりに、常に自分らしさを求められます。
そして、そのらしさとは、まず日本人らしさという点です。
外国で生活するからこそ、隠したい部分であった点が一番大切な部分でした。

僕が考えた日本人とは、周りへの気遣いや繊細さ、そして手先の器用さを持っているということです。
これは、日本が世界に誇れる部分だと思います。
僕が、そこを考え弾くようになってから、色々な人からjamやliveの演奏に誘ってもらえるようになり、様々な人とプレイすることが出来ました。
勿論、友達も一気に増えていきました。
以前にもここに書きましたが、自分の音が自分の声になった瞬間だったんだと思います。

技術・知識があるかは、外国では二の次です。
自分が誰なのか、何を言いたいのかがハッキリしていることが求められます。
そして、それを持っていない人は、演奏後にNice try..と言われて終わりです。
演奏後に誰一人話しかけてはくれません。

また、日本の演奏後に見かける、あそこのコードがどうの、スケールがどうの、、7thの音が、、、などなどの会話、またはベテランさん達のアドバイス合戦が繰り広げられる光景。

外国では見ない光景です。
少なくとも僕は見たことはありません。
その代わりに、感じろ!という雰囲気を強く出されている気がします。それだけです。
ダメならNice try..を言われて帰るだけです。

こういった日本での演奏後の光景は、音楽のゴールが知識や技術、または形式化された物で構成されている部分が大きい為だと思います。
また、感じることではなく、教わることがゴールへの近道と考える日本の文化ではないかと思います。
ありとあらゆる教材・お稽古ごとが溢れているこの国の状況を見ても強く感じます。
そして、知識と技術が感覚より先にいってしまっている結果でもあるかと思います。

外国の人たちは、上辺の肩書きなどは気にしません。
勿論、プロ・アマも年齢・性別も関係ありません。
自分を楽しませてくれるヤツかどうかだけを求めています。
つまり、自分の本質で当たっていかないと評価してくれません。
こういった経験は、それまでの僕の考えを大きく変えました。

ただ、日本人は本質を見失いやすい民族だと思います。
勿論、僕も例外ではありません。
しかし、それを常に意識することが大事なんだと思います。
何もかもが揃っていて、美味しい謳い文句が溢れるこの国では、いとも簡単に自分らしさというものは流されていってしまいます。
自分らしさは自分で守るしかないのです。
そして自分で自分を感じようとしない限り、本質には近づけないと僕は思っています。

確かに、知識と技術を固めた方が、形になるのは早いかもしれませんが限界がきます。
しかし、感覚に限界はこないと思います。
更には、感覚は自分の持っている知識と技術を上へと引き上げていってくれるものだと思います。

最高域の技術の裏には、純粋な感覚が隠れているはずです。
つまり、感覚を無視してしまうと、どんなに技術・知識を学んでも、限界の壁を超えることが出来ないかと思います。

ただ、そういった本質や何かを感じるという感覚が特別なものだとも思ってはいません。
全ての人が持っている、基本的な感覚のはずです。
ましてや繊細である日本人は、誰もが些細なことでも常に何かを感じているはずです。
しかし、感じたことを自分で解釈し、表現することを苦手としているのも確かです。

本質を求める文化は、常に最高のワクワクを求める外国人ならではないかと思います。
そして、ワクワクを常に求める姿勢に僕は多くのことを感じ学びました。

アメリカは自由な国なんかではなく、あれが至って普通の基準と言えるような世界なのだと思います。

ただ、日本が不自由の国なだけです。
人目を気にし、感じたことを押さえ込む必要はないでしょうし、演奏にとってもそれは大きな障害になるかと思います。
前述のように、日本人は世界に誇れるとても素晴らしい物を持っています。
独自の特性を、独自の感覚で伸ばしていくべきだと強く感じています。

まぁ勿論、全ての外国の方、日本の方がここで書いてきた様な傾向に当てはまるわけではないとも思いますが。。。

以前はアメリカ人への憧れは強くありましたが、今では、自分が日本人で良かったなぁと思えるようになりました。

でも、いつかはアメリカに住みたいなぁ。

今回も全くリペアの話ではなかったですね。。。
タグ:Mesaの日記
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

2015年07月29日

弦高について

11811557_1688969931380238_1628463899581914064_n.jpg


僕は、今まで高めの弦高で弾いていました。
ギターの1弦側2,5mm、6弦側3mmという様な感じでした。
弦高が高い方が、弦の振幅が豊かになり、より良いトーンを生むと思っていました。
実際、ベイクドポテトで見たMichael Landauのストラトも弦高が高く、以前の僕と同じ位ありました。
そして、素晴らしいトーンを出していました。
(日本でのプレイは残念でしたが...)

でも、ある時思いました。
僕には、この弦高が合っていないんじゃないかと。
たかが弦高かもしれないですが、長い間続けてきたセッティングを変えるのは結構勇気がいるものです。。。

そして、現在の僕の楽器達は、
ギターが1弦から6弦まで1,8mm
ベースは1弦側1,5mm、4弦側2mm
といった感じです。

音的には、以前のモサッとした感じが取れ、ハジケる感じ?が出たと思います。
まぁ、以前より自分の理想の音に近づいたってことです。
勿論、僕の弾き方やピックの種類、それと弦高とのバランスなんかが関係して変化したものだと思います。

素晴らしいトーンを出す人の真似をしても、自分との相性が良くなく、結果満足出来ないということは良くあるかと思います。(弦高に限った話ではないですね。)
弦の高さを変えるだけでも、トーンと弾き心地は大きく変わります。
そして、何事も自分に合っているということが必須条件かと思います。
音に不満を感じたら、自分に合った弦高を探してみるのも良いかと思います。

ただ、楽器によってはある程度低い弦高にするとビビるなどの症状が出るため、フレットの擦り合わせが必要になってきたりしますので、弦高調整で困った際にはご相談ください。
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記