2014-11-1-thumb-180xauto-333.jpg

2015年08月01日

Mesaの日記:リペアマンて何なの?

11822455_1689906244619940_819436392514693959_n.jpg

そういえば、昨夜ネット見てたら
『リペアマン=職人』という記事がいくつか出ていました。

一般的にそういう意識は強いようですねぇ。
確かに、ある種の特質的な技術を必要とされている為からだと思います。

しかし、僕には凄く引っかかる部分です。
僕の中では『リペアマン=プレイヤー』です。

僕はニューヨークで、リペアマン・ルシアーとして有名なMas Hino氏とよくjamセッションで一緒にプレイしていました。
彼は、リペアマンであると同時にプレイヤーでした。

僕は、毎週のようにどこかのjamセッションへ行ったりしますが、日本のそういった場でプレイしている楽器屋さんの店員の方や、リペアマンを見たことがほぼありません。

コレは奇妙な話です。

1番現場での声が聞けるであろうそういったjamなどの場に、その種の方々がいないのは不思議でなりません。

多くが一般の方を対象とした、プレイのための道具を修理・製作・販売しているであろう方々が、現場ではなく、プレイヤーから離れた工房などにしかいないということに違和感を覚えます。

そういった状況も、リペアマンを職人として音楽から切り離してしまう要因になっているような気もします。
(勿論、これは僕の知る限りでの話なので、例外の方も多数いらっしゃると思いますが)

海外でMas Hino氏が成功している理由の1つは、彼が音楽の1番近くに居るから、世界のミュージシャン達もそんな彼を求めていくのかもしれません。

特質的な技術を必要とする世界には非常に興味がありますが、職人という言葉は音楽からは遠いイメージを僕は持ってしまいます。
僕は職人というものよりも、感覚的には楽器がいじれるプレイヤーでありたいと思っています。
以前も書きましたが、技術だけでは楽器は完成しないと思っているからです。

折角?なので、僕の感じる日本と外国の違いを少し書いてみたいと思います。(ただ、もの凄く個人的な意見です。)

どの分野でも技術者は、技術の追求に集中してしまう傾向があると思います。
特にこれは、手先が器用な日本人らしい性質でもあると思います。

そして、技術者や何らかのプロフェッショナル達は、ある所から他のプロの目を対象にした物作りをしてしまう傾向があります。

結果、技術だけが先行し本質からズレていきます。

楽器・音楽の世界だけでなく、どんな分野でもそういった点は見ることが出来るかと思います。

加えて、目で見える技術の差で物を比べ評価するという、これまた日本人特有の性質がその状況を加速させているかと思います。

技術の向上により不純物は取り除くことは出来るのかもしれませんが、楽器・音楽から大切な何かも削いでいってしまっているようにも思います。
ある種のノイズや雑味、不純物が音楽を形成している1つの要素であることは間違いないかと思います。
そして、多くの方が無意識にでもそう感じているのでしょう。
だから、楽器の世界は未だに真空管を使い、ヴィンテージをありがたがっているのでしょう。

しかし、自分に必要な雑味や不必要なノイズ・不純物を、自分の感覚で判別出来ないのも日本人の特徴かと思います。

そして、技術の先行によりズレた本質に引っ張られていってしまう悪循環が起こっているかと思います。

僕はやはり日本人の『感じる』そして自身で『解釈し表現する』という感覚が、他の国々の方に比べてもの凄い差があり、そこがこの状況を作り出しているのだと思います。

ただ僕は、外国人に比べて日本人が劣っているとは思いません。
しかし、日本人が自分たちが持っている特性について理解しない限り、外国の真似をするか、偏った技術の追求で終わってしまうかと思います。
これは、音楽・楽器に限った話ではないかと思います。

僕も、楽器を弾きに外国へ行って、最初は外国人の真似をしようとしていました。
ダイナミクス溢れるプレイなどはやはり憧れますし、僕も当初そういった部分を得たいと思って外国へ行きました。
しかし、上手くはいきませんでした。
ただ、自分がもの凄い中途半端な存在に感じただけでした。。。

しかし、ある時気づきました。
表現の場で、外国人の真似をすることの無意味さをです。
日本人がどう頑張っても、アメリカ人のような大胆なプレイ、グルーブを手に入れることは出来ないと思います。
そして、いくらそれを真似しようが外国ではウケません。
つまり、外国ではただ真似するやつにはあまり興味を持ってくれません。
代わりに、常に自分らしさを求められます。
そして、そのらしさとは、まず日本人らしさという点です。
外国で生活するからこそ、隠したい部分であった点が一番大切な部分でした。

僕が考えた日本人とは、周りへの気遣いや繊細さ、そして手先の器用さを持っているということです。
これは、日本が世界に誇れる部分だと思います。
僕が、そこを考え弾くようになってから、色々な人からjamやliveの演奏に誘ってもらえるようになり、様々な人とプレイすることが出来ました。
勿論、友達も一気に増えていきました。
以前にもここに書きましたが、自分の音が自分の声になった瞬間だったんだと思います。

技術・知識があるかは、外国では二の次です。
自分が誰なのか、何を言いたいのかがハッキリしていることが求められます。
そして、それを持っていない人は、演奏後にNice try..と言われて終わりです。
演奏後に誰一人話しかけてはくれません。

また、日本の演奏後に見かける、あそこのコードがどうの、スケールがどうの、、7thの音が、、、などなどの会話、またはベテランさん達のアドバイス合戦が繰り広げられる光景。

外国では見ない光景です。
少なくとも僕は見たことはありません。
その代わりに、感じろ!という雰囲気を強く出されている気がします。それだけです。
ダメならNice try..を言われて帰るだけです。

こういった日本での演奏後の光景は、音楽のゴールが知識や技術、または形式化された物で構成されている部分が大きい為だと思います。
また、感じることではなく、教わることがゴールへの近道と考える日本の文化ではないかと思います。
ありとあらゆる教材・お稽古ごとが溢れているこの国の状況を見ても強く感じます。
そして、知識と技術が感覚より先にいってしまっている結果でもあるかと思います。

外国の人たちは、上辺の肩書きなどは気にしません。
勿論、プロ・アマも年齢・性別も関係ありません。
自分を楽しませてくれるヤツかどうかだけを求めています。
つまり、自分の本質で当たっていかないと評価してくれません。
こういった経験は、それまでの僕の考えを大きく変えました。

ただ、日本人は本質を見失いやすい民族だと思います。
勿論、僕も例外ではありません。
しかし、それを常に意識することが大事なんだと思います。
何もかもが揃っていて、美味しい謳い文句が溢れるこの国では、いとも簡単に自分らしさというものは流されていってしまいます。
自分らしさは自分で守るしかないのです。
そして自分で自分を感じようとしない限り、本質には近づけないと僕は思っています。

確かに、知識と技術を固めた方が、形になるのは早いかもしれませんが限界がきます。
しかし、感覚に限界はこないと思います。
更には、感覚は自分の持っている知識と技術を上へと引き上げていってくれるものだと思います。

最高域の技術の裏には、純粋な感覚が隠れているはずです。
つまり、感覚を無視してしまうと、どんなに技術・知識を学んでも、限界の壁を超えることが出来ないかと思います。

ただ、そういった本質や何かを感じるという感覚が特別なものだとも思ってはいません。
全ての人が持っている、基本的な感覚のはずです。
ましてや繊細である日本人は、誰もが些細なことでも常に何かを感じているはずです。
しかし、感じたことを自分で解釈し、表現することを苦手としているのも確かです。

本質を求める文化は、常に最高のワクワクを求める外国人ならではないかと思います。
そして、ワクワクを常に求める姿勢に僕は多くのことを感じ学びました。

アメリカは自由な国なんかではなく、あれが至って普通の基準と言えるような世界なのだと思います。

ただ、日本が不自由の国なだけです。
人目を気にし、感じたことを押さえ込む必要はないでしょうし、演奏にとってもそれは大きな障害になるかと思います。
前述のように、日本人は世界に誇れるとても素晴らしい物を持っています。
独自の特性を、独自の感覚で伸ばしていくべきだと強く感じています。

まぁ勿論、全ての外国の方、日本の方がここで書いてきた様な傾向に当てはまるわけではないとも思いますが。。。

以前はアメリカ人への憧れは強くありましたが、今では、自分が日本人で良かったなぁと思えるようになりました。

でも、いつかはアメリカに住みたいなぁ。

今回も全くリペアの話ではなかったですね。。。
タグ:Mesaの日記
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

2015年07月29日

弦高について

11811557_1688969931380238_1628463899581914064_n.jpg


僕は、今まで高めの弦高で弾いていました。
ギターの1弦側2,5mm、6弦側3mmという様な感じでした。
弦高が高い方が、弦の振幅が豊かになり、より良いトーンを生むと思っていました。
実際、ベイクドポテトで見たMichael Landauのストラトも弦高が高く、以前の僕と同じ位ありました。
そして、素晴らしいトーンを出していました。
(日本でのプレイは残念でしたが...)

でも、ある時思いました。
僕には、この弦高が合っていないんじゃないかと。
たかが弦高かもしれないですが、長い間続けてきたセッティングを変えるのは結構勇気がいるものです。。。

そして、現在の僕の楽器達は、
ギターが1弦から6弦まで1,8mm
ベースは1弦側1,5mm、4弦側2mm
といった感じです。

音的には、以前のモサッとした感じが取れ、ハジケる感じ?が出たと思います。
まぁ、以前より自分の理想の音に近づいたってことです。
勿論、僕の弾き方やピックの種類、それと弦高とのバランスなんかが関係して変化したものだと思います。

素晴らしいトーンを出す人の真似をしても、自分との相性が良くなく、結果満足出来ないということは良くあるかと思います。(弦高に限った話ではないですね。)
弦の高さを変えるだけでも、トーンと弾き心地は大きく変わります。
そして、何事も自分に合っているということが必須条件かと思います。
音に不満を感じたら、自分に合った弦高を探してみるのも良いかと思います。

ただ、楽器によってはある程度低い弦高にするとビビるなどの症状が出るため、フレットの擦り合わせが必要になってきたりしますので、弦高調整で困った際にはご相談ください。
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

2015年07月28日

Mesaの日記:ハイエンドギターって...

11701149_1688670568076841_7706408397008719906_n.jpg

☆ハイエンドギター☆

僕も以前、ハイエンドと呼ばれるメーカーのギターを弾いていました。
Suhrの材・カラーなど非常に珍しい1本で、レギュラーラインでこの仕様を他で見たことはありませんでした。
しかし、数回のスタジオ、1回のライブ、数回のジャムにて使った後に売却してしまいました。
持っていたのは半年程でしょうか?
楽器店で試奏した際には、いとも簡単に気に入った音が出て、買うしかない!!と思った1本だったにもかかわらず。。。

簡単に言うと、一人で弾いていると簡単に気に入る音が出るのに、バンドに入ると不満が出る出るってタイプの楽器です。
僕の場合、SuhrやJames Tylerなどハイエンド系のメーカーに非常に多く感じることです。

特に気になるのが、表現出来るダイナミックレンジの狭さです。
どう弾いても音が整ってしまう感じは、自身の持っているFenderなどで慣れている僕には、非常にストレスを感じてしまいます。
バンドなどでは、生ゆえの気持ちの抑揚が音として現れてくるかと思いますが、楽器がそれについて来れないということが起こってしまいます。
僕の場合、ガツンといきたい時にギターにリミッターをかけられたように感じてしまいます。
そういう楽器を弾いていると、とっても欲求不満になります。。。
歌モノのバックなどでは良かったかもしれませんが、インストのジャムバンドでこれはキツかったです。

勿論、個体差によってFenderにもこういった傾向のものはありましたし、現行品だけではなく数百万する様な50/60年代のビンテージの楽器にも見たことがあります。

見た目のカッコ良さから、今でもたまに試奏したり、修理で来た楽器を弾かせてもらったりしますが、やはりハイエンド系には同じ様な傾向を感じてしまいます。
ただ、これは完全に僕の好みの問題です。
スタジオ系の演奏や音を求める方なら、ハイエンドの物はやはり適しているのでしょうし。

実際には、その問題を解決出来ないかと様々な改造を自身のSuhrには施しました。
ボディーをザグったり、電気系を総入れ替えしたりと色々手をつけてみましたが、結果その傾向は変わらず。
楽器自体が持っている特性のようで、いくら手を加えようとネックとボディーを変えない限り変わらないのだと思います。
まぁ、根本的に作りが僕の好みではなかったということです。

その経験以来、僕の楽器を選ぶポイントの1つに、そういった本番で使えるダイナミックレンジの幅というものが加わりました。
30万円程の勉強代となりましたが、実際に使ってみないとわからないものなのでしょうがないですね。

ただ、これは凄く大切なことだと思います。
楽器店での試奏と、バンドでのライブ・スタジオ演奏は完全に別ものです。
では、試奏は意味がないのか?
見当をつけるためには、とっても大切だと思います。
しかし、楽器が道具である以上それしか意味はないと思います。
実際の現場で使って初めて、楽器は道具としての力を発揮出来ます。
エフェクターやアンプに関しても同様だと思います。

勉強代を恐れ、ネットのレビューを当てにし楽器を選ぶより、多くの勉強代を払って自身で経験した人の方が多くの感覚を持っています。
その経験が試奏時の見当の精度を上げていくのだと思います。
そして、結果その感覚が自分の音を作っていくのだと思います。

しかし、どこかには僕に合うハイエンド楽器もきっとあるのでしょう。
ただ、それを見つけるにはまた勉強代が必要なのかもしれませんが。

どんなに高級でも・評判が良くても・美しくても・稀少でも、自分にとってダメな物はダメ、クソな物はクソです。
自分の感覚でそれがハッキリ言えることは、とても大切なことだと思います。

タグ:Mesaの日記
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

2015年07月27日

ビンテージハンダの販売

11800092_1688181754792389_8324201924108697189_n.jpg

ハンダの販売を始めました。
音質の変化を狙いビンテージの配線材やハンダを使用する、または交換するという方がいらっしゃいます。
配線でいうと、WE(ウェスタン・エレクトリック)などが有名でしょうか?
確かにビンテージ系の部材を使用すると、ビンテージギターに近い劣化具合を味わう事が出来るのだと思われます。
そう言った劣化は、ビンテージ楽器で言われる“枯れ”などの要素の1つだと思います。
今回、当工房では60年代•70年代のケスター44を切り売り販売することにしました。
どれもハンダのりが良く作業しやすいのでお奨めです。
ビンテージのハンダを使用すると、新品の楽器であっても新品時独特の角が取れ、馴染んだ感じの音へと変化します。

以前にもこちらで少し紹介した、当工房で特殊な処理を施し製品しているオリジナルシールドケーブルにも、このようなビンテージハンダを使用しています。
ビンテージ系の音が好き、ある程度馴染んできた楽器の音が好きと言う方は多いかと思いますので、そういった方々は音質変化を狙う選択肢としてビンテージハンダを考えてみるのも良いのではないでしょうか?

●切り売り
60年代製:¥200 / 10cm (税抜)
70年代製:¥100 / 10cm (税抜)
また、70年代のデッドストックの箱入り未使用品を¥15,000(税抜)にて販売しております。
これらのハンダへの交換作業も承ります。


posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 製作 / 販売 / 店舗

Mesaの日記:ギターいじり

自分のギターのジャック部分のハンダ(2カ所)のみ、ヴィンテージハンダに変えてみました。
元々は現行のケスター44を使っていましたが、たった2カ所でもヴィンテージの物に変えると音はやっぱり耳に馴染む感じに変化しますね。
現行品の薄っぺらい感じが減り、音に奥行き感も感じるようになりました。
おもしろいですねぇ〜☆


11230655_1688241084786456_1463413136523990036_n-1.jpg
タグ:Mesaの日記
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

2015年07月26日

野平工房 錦糸町店について

11701117_1687703054840259_4391958093855360779_n.jpg

錦糸町駅から歩いて5分程度に場所に当工房はあるのですが、この暑さもあってかお車で来店される方も多く、駐車場についてお問い合わせいただくことがよくあるので書いておきます。

当工房の前にもコインパーキングがありますが、駅近くということで周辺には多数のコインパーキングがあるので、駐車にはそれほど困らない立地だと思います。

また、当工房は一般の方向けの店舗ですが、特別看板を出しているわけではありませんので、少々見つけづらいかもしれません。
Googleアースにて住所検索しても、錦糸町店はオープンしてまだ2ヶ月程ですので、当工房が入る前の画像しか出てきません。
場所は下記の住所で検索していただければ出てきますので、歩きで来られる方・お車の方共に画像のお店を目指していただければと思います。

『 〒130-0013 東京都 墨田区錦糸4-9-3-1F 』
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 製作 / 販売 / 店舗

2015年07月25日

Lovepedal Buffer

20112_1687399154870649_3151996118509100305_n.jpg

やっぱりLovepedal良いですねぇ!
今回はBufferを紹介☆
最近では、エフェクターボードを組む方が増えてきたことで、様々なところでバッファーの必要性についての記事などを良く見かけますね。
こちらは、スモールサイズの繋げるだけというタイプのバッファーです。
見た目がPOPな感じで可愛いです☆
バッファーと言っても、原音に忠実というのを謳っているタイプや、メーカーごとの味付け
をしているタイプなど様々あるかと思います。
このバッファーも、Lovepedal的な味付けが若干感じられます。
ピッキングへの反応の良さや、ドライな音質にLovepedalらしさを感じます。
他のペダル同様、これも非常に音楽的な成分を持った製品だと思います。
数量限定特価
¥9,720(税込)にて販売しております。
ご自身のボードを持ち込んでの試奏も大歓迎ですので、是非とも店頭にてお試しください!
リペアには関係ないですが、個人的にエフェクターが好きなんでペダル関係の記事も今度書いてみます。


11796233_1687399198203978_8061256836727826762_n.jpg
タグ:販売
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 製作 / 販売 / 店舗

2015年07月24日

Mesaの日記:楽器ってなんだろか?

11227593_1687012374909327_1595911754644038224_n.jpg

連日、フレット擦り合わせのご依頼を受けます。
翌日渡しなど急ぎの方への対応をしていることや、当工房での作業を気に入っていただいた方がリピート、または宣伝してくださっているなどの理由からだと思います。
ありがとうございます!!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

しかし、そうやって擦り合わせをはじめリペア・調整など、ご自身の楽器をケアされているのは、プレイヤーさん達全体の内の何割位でしょうか?

また、リペア・調整に必要性を感じている人は何割くらいでしょうか?
僕は、実際にジャムセッションやライブなどでプレイヤーさん達に接する機会が多いですが、実際には相当低い低い割合です。。。

経済的理由などもあるかと思いますが、多くの方がフレットの擦り合わせなどのリペアより、所有欲を満たす事のほうが優先しているからだと思われます。
良く見かけるのですが、リペア代にするべき費用を、所有欲を満たす物を買う為の費用にまわしてしまう方々がいます。(メーカー物のパーツやケース、ペダル、アンプなどなど。。。)
日本では、楽器が表現するための道具という認識が低いことが、そういった現状を作り出している1つの要因とも思われます。(まぁ、お金の使い方は個人の自由ですが、それなら楽器じゃなくても良いんじゃないの?と思ってしまいます)
リペア屋さんからするとそれは残念な事ですし、楽器が道具では無く、楽器の形をした物以上に扱われていない現実が多々あることを、僕は悲しく思うことがあります。。。

確かに所有欲を満たすのは大切です。
僕も、自分の持っている楽器を眺めてはニヤニヤする事も良くあります。
でも、やっぱりそれらは楽器です。
楽器一本持って外国に行って、僕は痛感させられました。
やっぱり楽器は “ただの道具” です。
それが、楽器がこの世に存在している最大の理由なはずです。
眺める為だけ、所有するだけで終わりの楽器は存在しないはずです。
そして道具だから楽器は美しいのだと思います。
ヘッドの形状、ボディー・コンターの形状、パーツ類の配置、全てに道具として機能させる為の意味があるから美しいのです。
アバロンの装飾があるから、AAAグレードのメイプルトップだから、有名ブランドのロゴがヘッドに輝いているから楽器は美しいのではないと思います。

弾いてあげましょう。
消耗させてあげましょう。
リペア・調整してあげましょう。
楽器をただの所有欲を満たすだけの物体にするか、道具にするかは自分次第です。
眺めているだけでは味わう事の出来ない物を、道具としての楽器は教えてくれるはずです☆
僕も最近曲を作ったりしていますが、年内には自分のバンドを形にして、ライブが出来ればと思っています。
ガンガン弾いていきましょう!

本日は、ライブ見に行くので18:00閉店とさせていただきます。
ご了承くださいませ。。(*>_<*)


11227943_1687012418242656_9107062646308815666_n.jpg
タグ:Mesaの日記
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

2015年07月18日

Mesaの日記:楽器と海外と自己表現

11250919_1685083645102200_4455642294660065028_n.jpg

最近、楽器店やネットなどで、初心者の方を対象にしたような楽器選びの方法、機材の使い方講座や奏法解説などなど様々な情報を良く目にするようになった気がします。

楽器を始める人が増えてきたんですかねぇ?良いですねぇ☆:-)

ただ、そういった情報が広がりすぎて、全てが形式化してきてしまっているのも事実だと思います。
楽器選びから始まり、演奏にまでその影響が出ているように思います。
多くの人が同じような機材を所有し、誰もが同じようなプレイしかしないという状況です。
僕は、見ていても全くパーソナリティーなモノを感じません。
本来、自己を表現する為の楽器が、紙面やネット上の情報や知識を再現するためだけの手段になってしまっているようにも思えます。(勿論、全ての人ではないですが。)

僕もネットは大好きです。
ただ、その分のリスクもかなり高いと思います。
前述のように僕が感じている状況も、その1つかと思います。

音楽は、自分で見たモノ感じたモノを、自分というフィルターを通して再生するモノだと思っています。
そこにパーソナリティーを感じるのだと思います。
楽器の音は、自分の声と同じです。
誰もが、顔を見ずとも友達の声は聞いただけで誰だか判別出来るかと思います。
楽器の音も同様です。
一音聴いただけで、誰だかわかるモノが含まれている事が大切だと思います。
僕は、楽器1つ持って外国に行ったので、自分の弾く音が自分の声だという意識はかなり強いです。
音は、言語以上のものを含んでいるとわかっています。
初対面の人と1時間会話するより、1曲ジャムる方がその人を知る事が出来ると知っています。

そして、それはプロもアマも、初心者も上級者も何も関係ない世界です。
楽器を上手く弾ける、音楽的知識があるから上なのだと言うことも全くないです。
音楽は芸術であり、自由に自己を表現するべきものです。
芸術を分析する事に、あまり意味はないかと思います。
音楽なんて、分析してしまえばだだの音の羅列ではないでしょうか?
そこに何かを付足すのが、自分というフィルターだと思っています。
難解なコード進行だろうが、複雑なスケール選びだろうが、最高域のテクニックだろうが、パーソナリティーが無ければどう頑張ってもただの音の羅列です。
誰にも真似の出来ないパーソナルなその領域に、本物の芸術があるのだと思っています。

ネットや楽器店に用意されている物が、自分に合っているとは限らないです。
形式にとらわれずに何かにトライする事は、自己表現にとって非常に大切な事だと思います。
毎日のスケール練習も大切かもしれないですが、自分の声を探すのも必要かと思います。

今日は、リペアには殆ど関係ない個人的な話でした〜。

また気が向いたら、自分が外国で実感した、日本人と外国人の音楽の違いについてなんかを書いてみたいと思います。
タグ:Mesaの日記
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記

ハードケースはギターを守れない?

11227899_1685120565098508_8624134696969411654_n.jpg

錦糸町は、今日も雨が降ったり止んだりでしたねぇ。
こういった天気の中、来店してくださる方がいるというのはホントありがたいですねぇ( ๑˃̶ ॣꇴ ॣ˂̶)♪

こんな天気なので、楽器の管理方法についてひとつ。
以前も、楽器と湿度についてはちょっと書きました。
この時期ですと、エアコンを使っている方も多いかと思います。
僕も、家ではドライに設定していたりします。
お部屋の中は、エアコンによって寝苦しい夜も快適になるかと思います。

ですが、ギターケースの内側はどうでしょうか?
ソフトケースの柔らかいクッション材のスポンジは、空気中の湿気をたっぷり吸い込んでいます。
雨にあたれば、さらに内部の湿度は上昇します。
また、ハードケースは隙間から入った湿気をハードな外装で内部に閉じ込めてしまっています。
つまり、ケース内はエアコンをつけていてもかなり高い湿度が保たれたままになっています。

夏場にハードケースを開けると、湿った温い空気が出てくるのを感じた事がある方も多いかと思います。
実際に、カビの生えているケースを見かけますが、それほど夏場のケース内は、湿度と温度が上昇してしまっています。
頻繁に出し入れするケースならまだしも、開け閉めの頻度の低いケースは、溜まった湿気により内部の楽器のコンディションを変化させてしまいます。

このように、楽器を守る為のケースが、楽器のコンディションを悪くさせてしまっていることは良くあります。
ぶ厚いクッション材、丈夫な外装は湿気の面では大変不利という事ですね。
つまり湿気に関しては、ペナペナのチープなソフトケースの方が有利かもしれないですね。。。

また、ケースに入れる乾燥剤もありますが、気休め程度に思っていた方が良いと思います。
こまめな換気や、たまにはケースを干すなどのケアが大切です。
こんな天気が続く時期には特に気をつけてあげたいですね。
posted by Mesa at 00:00| Comment(0) | 修理 / Mesaの日記